人気ブログランキング |

文武両道~本物に出会う京のおでかけ♪

11月も半ばを過ぎ、
行きたい美術館の会期がそろそろ終わりに近付いてくるにしたがって
俄然行きたい気持ちが沸々と・・・・

私ってお尻に火がつくまでは長いけど、一度火が付くと猛ダッシュ
mimoさんちでの楽しいレッスンを受けた次の日にはアートなお出かけ。
週の始まりは奈良、そして終わりは京都。
またまた長くなるけれど途中でイヤと言わず最後まで読んでね\(~o~)/


文武両道を地でいく細川家。
「細川家の至宝」23日までなんです。もし行きたい方がいらっしゃるならお早めにどうぞ。

菱田春草作「黒き猫」をこの目で観たくて。
今回2度目のこの至宝展へは後期のみ展示の、この掛け軸会いたさに
わざわざ足を運んだ!と言っても過言ではない。
予想通り素晴らしい!!
黒猫の毛並みが本物のようにふさふさして見えました。
まるで生きているみたい。もう鳥肌~

お隣に展示してあった横山大観作「紅葉」 
これがね、とても良かったんです。
季節もぴったりだし柿の葉の色がとても鮮やか。
さすが大観!
こころ動かされました。

前回は「利休尻ふくら」メインで訪れ、
あまり時間がなかったのでザ~っと観て回っただけでした。
美術館行くときはじっくり腰を据えて観る時間がないとダメですね。
もったいないことをしました。

「露払」は細川ガラシャ作・・・もゆっくり観れた。
夫である忠興のために自らの手で織って仕立てたと伝わる雨具は
渋で染められていました。
縫い目は大きかったですが、ガラシャの思いがひと針ひと針に込められているようでした。
どんなこと考えて縫ったんだろう。


京都国立博物館でひとしきり感動した私は、
よっしゃ~このまま「ワシントン・ナショナルギャラリー」まで行ってしまおう!!


七条をスタート、三十三間堂を横目に坂道を登り
今度は五条坂を右手に見ながら東大路通を北へ北へと上がります。
これ、結構な距離あるのよ~
四条八坂さんを過ぎた頃から疲れたなぁ。休みたいなぁと思うようになってきました。
アップダウンが多いと疲れるわぁ。
修学旅行?遠足?? 学生服姿の少年少女がいっぱいだなぁ。。
もうじき三条通りだよ~頑張れ頑張れ!!と言い聞かせながら歩く。
ここまで3駅分の距離があります。
早歩きで約1時間。な~んか腰が痛いかも~(>_<)

三条通りまで出たら次は神宮道目指して歩き続け、ふぅ~やっと到着したのが「糀屋cafe」。
以前暑い頃に1度行きました。

今日の虫養いは「京白雑煮」
きのう白味噌に目覚めたので、具は丸餅が2つだけのお雑煮です。
町家を店舗にしているのも落ち着きますね。
おや、、火鉢があります。
mimoちゃんちで見ていたからすぐさま目が火鉢へ。
a0212656_18405397.jpg


a0212656_18411792.jpg

キリギリスは茶色く老けていましたが元気にしていました。
もう鳴かないけどね。


平安神宮方面へと進んでゆくと、わぁ~お、、シュールな発見。
a0212656_18474392.jpg



大鳥居が見えてきた~
ん??なになに??このとってもよい香りは~どこだろう。
美術館の周りに植えてあるこの木からでした。
a0212656_18441680.jpg


a0212656_18443337.jpg

なんのお花でしょうね。甘~い香りでした。銀木犀かな?


印象派の絵がいっぱい、モネやマネ、ゴッホ、ルノアールなど。
誰もがよく知っている巨匠の絵ばかり。
モネが大好きな私ですが、今回大感動だったのがゴッホの「薔薇
これがゴッホらしくないミドリの薔薇なんです。
黄色ってイメージの強いゴッホでしたが、このバラの花びらの重ね塗りがすごくリアルで美しく
キャンバス全体が淡いミントグリーンのような爽やかな色なのです。
葉っぱはサラっと薄く塗り花びらは絵具もたっぷりに、ぽってりふくらんでいるかのごとく。
良かったなぁ。。



ん??竹久夢二だ!!お向かいの京都国立近代美術館では「夢二とともに」
a0212656_185879.jpg

レトロ感たっぷりの夢二の作品 艶っぽいんだわ。
可愛らしい女性がいっぱい。
それに夢二、、なかなか達筆なのね~。美術館を出る頃には薄暗くなってきてました。



3件の美術館を巡りアートな錦秋の京都を満喫。
どこもあまり混んでなく、ゆっくり観て回ることができました。
何時間も歩きまわったけれど夜はちゃんとパンプ35分だけ、、だけど受けてきたのよ~


美術館へ行くとお土産に買って帰るポストカード。
本日の収穫。
a0212656_19151978.jpg

by waterlilies-monet | 2011-11-19 19:19 | おでかけ