ささやかな風を感じて


Enjoy Life
by アン
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:おさんぽ・島根( 20 )

島根回顧録~美味しいものと素敵な器

関西ローカル「せのぶら」、今日は一乗寺界隈をぶらぶら、、知ってる道やお店を紹介されています。
で、なんと7月15日は島根特集やて!(^^)!
またひとつ楽しみができた!!


さて続きをもう少しレポするのでどうぞお付き合いくださいませ。

三瓶山、、実は火山なんですって。
ということは・・・・温泉ですよ。温泉(*^^)v
出雲大社をお参りし、女三瓶に登り、次はどこへ行くかと申しましたら三瓶温泉。
その前に腹ごしらえ。。
島根のどの観光ガイドを見ても「三瓶バーガー」が出ています。
そこへ連れてってもらうことに。
ログハウス風のバーガーハウス。お味も最高!!
a0212656_11314652.jpg


これはミニサイズです。あつあつなので曇っちゃった。
a0212656_11322490.jpg



国民宿舎さんべ荘さん
源泉かけ流しの湯があり、泉質はアルカリ食塩性炭酸泉。
玉造の無色透明のさらさらのお湯とは違い、茶褐色のお湯です。鉄分をたっぷり含んだお湯なんですね。
昼間っから贅沢やわ~~~
お風呂上がりに外へ出て見ると ものすごい雨。
なんといいタイミングで登山をし、お風呂に入ったもんだ(*^^)v
山の天気は変わりやすいとはよく言ったものです。
松江市内は一滴も降らなかったそうですから・・・


晩ご飯はと~っても懐かしい方との再会。
同じ中国ブロックの支店で仕事をしたお仲間が、今回同行してくださった方の奥様だったんです。
美味しい夕飯がさらに美味しく、懐かしい同期の話で盛り上がりました。

パパさんがご馳走してくれた今回の一番はこれ!!
最高級のお肉、隠岐牛です。
1人前片手以上の高額(^^♪ めったに口にできるものではないのでありがたく
ほぼ全部私のお腹におさまりました。。

こだわりのあるおかみさんのお眼鏡にかなった器の数々。
やはり食材と演出するための食器も大事だわ。
お肉はお塩でいただきます。
a0212656_11413293.jpg


海の幸もた~~っぷり
a0212656_11422378.jpg


a0212656_11423955.jpg


a0212656_11425287.jpg




さて2日目は玉造温泉へ。
美肌の湯ですからね~はずせないでしょ(笑)
a0212656_1232573.jpg


a0212656_1234380.jpg


湯あがりに飲むベジシュースもはずせませんね。
a0212656_1224269.jpg


a0212656_123141.jpg



この日はお天気も良く、宍道湖の夕日を見るにはもってこい。
パパさんが予約してくれていたはくちょう号でサンセットクルーズ。
先日アップした夕日は出航前に大橋川から見たものでした。
これが本当の宍道湖の夕日です。
a0212656_1274643.jpg


a0212656_1282281.jpg


a0212656_1285556.jpg


a0212656_1292188.jpg


バイバイ宍道湖
a0212656_1295583.jpg


あ、向うに見えるのは昨年行って気に入った器のお店「objects」さん。
そうだ、ここへも行かなくちゃ。
a0212656_1212370.jpg



森山窯展 開催中。
素敵な森山さんご夫妻とお会いする機会を得ました。
枚方は河井寛次郎さんとの思い出の地だそうです。
そんなエピソードも聞かせていただきました。
a0212656_1216912.jpg


a0212656_12162739.jpg


a0212656_12164065.jpg



窯元をもうひとつご紹介。この袖師窯はパパさんの通勤途中にあり、
以前宍道湖饅頭の中にさくらんぼが入っておらず
お手紙出したら商品を送ってくださった「清松庵 橘」さんへ向かう途中にあります。
なんかややこしいな。
つまり橘さんへ向かう途中に見つけたのが袖師窯だったというわけ。。
いや、、袖師窯があるよと教えてくれたのはパパさんか。。
ま、いいや。
a0212656_12244674.jpg


a0212656_12251613.jpg


a0212656_122547100.jpg



橘さんではお抹茶をご馳走になりました。
a0212656_12263895.jpg


宍道湖畔にあるお店はお庭もとても素敵。
a0212656_12271026.jpg


a0212656_1228685.jpg



長くなりすぎるので(もう十分長いね^^;)この辺で一旦終わります。

森山窯の水滴鳥と八雲塗の酒器
a0212656_12402542.jpg


a0212656_12404178.jpg

[PR]
by waterlilies-monet | 2013-07-02 12:44 | おさんぽ・島根 | Comments(6)

島根回顧録~国引き神話の地・三瓶山へ

たった2泊3日の出雲旅でしたが、書きたいことがたっくさん。
どこから何を書こうかな(*^^)v
まずは初日の続きを書くとしましょう・・・

3度目の島根でしたが3度とも訪れたお気に入りの場所は、
やはり出雲大社と玉造温泉でした。

ちょうど1年前の引っ越しのときはこれぞ島根の観光地と言われるパワースポットの神社や
庭園が見事な足立美術館、少し足をのばして鳥取県の境港、鬼太郎ロードなんかへも行きました。
そこから中海に浮かぶ大根島を渡り、島根に戻りました。
鳥取には大きな山、大山があります。
往復飛行機だった今回は、行きも帰りも大山や大根島が機内からきれいに見えました。

大山は出雲風土記の国引き神話に登場します。
出雲の土地が狭いからと朝鮮半島や隠岐、北陸などから余った土地を引き寄せてきて
繋ぎとめるための杭にしたそうです。
東の杭は大山、西の杭は三瓶山(さんべさん)なんだそう。

なんとその三瓶山に登ってきました。
しかもワンピースで(笑)
三瓶山には男三瓶(おさんべ)、女三瓶(めさんべ)、子三瓶、、そして孫三瓶が連なります。
一番近い女三瓶へと。
途中まではリフトで、そこから山頂までおよそ20分ほどかかりましたが
岩がゴロゴロだったり山肌がつるつるしてたり・・・まさかトレッキングをするなんて~~~~
サンダル履きじゃなくて良かったです。
出雲大社へお参りするにあたり、サンダルはやめてデッキシューズで行ったんです。

パパさんも案内して下さった方も、まさか私が登ると言うとは思わなかったそうです^^;
せっかく中腹まで登ったんですから、ここで引き返すなんてもったいな~い。
いや~汗かきました。。
でも気持ちいい~~~&あとから食べた昼ごはんの美味しかったこと(笑)

a0212656_1912996.jpg


a0212656_1921725.jpg


a0212656_1944939.jpg


a0212656_19264614.jpg


男三瓶の上空には雨雲らしき怪しげな雲が・・・
a0212656_195367.jpg


子三瓶と孫三瓶
a0212656_19281389.jpg



温泉に美味しいお料理、、お料理を盛る器、さらには懐かしい方との再会。
まだまだ盛りだくさんの島根旅。

つづきはまたあとで。
[PR]
by waterlilies-monet | 2013-07-01 19:23 | おさんぽ・島根 | Comments(2)

2泊3日のかけ足島根旅レポ始めます\(~o~)/

2泊3日の島根旅行

「何しに行くん?」 下の子がそう言うように
単身赴任生活ちょうど1年を迎えたパパさんのお手伝い、、、ではなく^^;
島根満喫の旅となりました。

今回も自然あり、美味しいもんあり、、出会いあり・・・
やっぱ島根が好きだ!!


平成の大遷宮を終えた出雲大社参拝から今回の旅は始まりました。
6月末までのたった25日間だけの御門内特別拝礼、
八足門の北側まで入れるという貴重な体験もできました。

ただし軽装、写真撮影はNG。
私もワンピース着用、神聖な気持ちでお参りしてきましたよ。


化粧直しを終えた桧皮葺の屋根がとてもきれいでした。
平成の大遷宮、、いいときに島根に赴任したパパさんに感謝、感謝の旅でもありました。

a0212656_8202329.jpg


a0212656_8204481.jpg


a0212656_821138.jpg


a0212656_8213987.jpg




さて今週は仕事に忙しい1週間、そして今日から7月。平成25年の後半に入りました。

まだまだ大好き島根の見どころをたくさんアップしていきますね~♪


そろそろお仕事に行ってきます。  See you!!
[PR]
by waterlilies-monet | 2013-07-01 08:27 | おさんぽ・島根 | Comments(2)

これがラスト、グルメレポ~食いしん坊バンザイ♪島根

この島根の旅行で2キロ太りました^^;
ダイエットの道のりは厳し~~、、、
贅肉おばさんと呼ばれても仕方ない姿が鏡の中にありましたもん。

さてトリを飾るにふさわしい私のおさんぽレポは美味しい食べ物でしょうね。

出雲と言えばやはりお蕎麦。
今回は3回お蕎麦屋さんに入りました。
割り子と呼ばれる、つゆをかけて食べるお蕎麦が主流です。

有名な「八雲庵」の鴨なんばんそば。あったかいお蕎麦も美味しかったですよ。
a0212656_2273830.jpg


a0212656_228387.jpg


店内には芸能人のサインが所狭しと飾ってあります。
a0212656_2284854.jpg


お庭も素敵なんですよ。
a0212656_2292994.jpg


a0212656_221054.jpg


a0212656_22124456.jpg




海鮮も外せないですよね。
パパさんったら、高級魚のどぐろをご馳走してくれるって言うんです。
半身を塩焼きにしてもらいました。
a0212656_22145875.jpg


カウンターで選んだネタを握ってもらいましたよ。
a0212656_22164155.jpg


トロもね
a0212656_2217494.jpg


この日のために節約してくれてたらしいです。
本当に美味しかったです。
a0212656_2218038.jpg


もちろんのどぐろも。生と焙りでそれぞれ~\(~o~)/
a0212656_2220441.jpg




老舗の西洋軒さんにも。
もうお腹いっぱいで夜なのにこれだけしか食べれませんでした。
a0212656_22221247.jpg


こちらパパさんの注文分。私のちゃうよ~
a0212656_22222773.jpg


a0212656_2222463.jpg




出雲大社へ行ったなら絶対これ食べなくちゃ~
紅白の焼き餅が入ったぜんざい
a0212656_22233819.jpg


こちらのお店にもたくさんのサイン。
a0212656_22243298.jpg




蔦の絡まる雰囲気の良い喫茶店ではケーキ。
初日のおやつです。
a0212656_22255215.jpg


ウィーンの森という名前のケーキ食べました。
a0212656_22264447.jpg


a0212656_22292377.jpg




そりゃ太るはずよね(゜o゜) これにて島根グルメレポ終わります。
島根、また来年ね~今度は春かな。。桜か新緑の頃だね。
今度は島根和牛にしま~す。。なんちゃって~
お し ま い
[PR]
by waterlilies-monet | 2012-11-08 22:35 | おさんぽ・島根 | Comments(4)

縁結びパーフェクトチケットを利用して

さてもうひとつ私の行きたい場所、、
そこはやはり出雲大社。
季節の違いを楽しむこともさることながら、、出雲は神在月だからです。
旧暦でいうので神在祭も毎年日が変わるようです。
ちなみに今年は11月23日から一週間。
本当はこの期間に行きたかったんですけどね。
まぁ人混みを避け少し早目に。
八百万の神が到着し縁結びの相談をされる月なので、その期間にお参りしたかったのです。

でさっそく食べる話なんですが、「ぜんざい」の発祥地は出雲なんだそうですよ。
神在=じんざいが訛ってぜんざいになったとか。。
そう、ズーズー弁だからね。
神在祭で食べる神在餅が始まりだという説ですね。

お天気が怪しかったのですが、傘を持って一畑電車に乗りました。
この一畑電車、通称「ばたでん」に乗ってお参り・・・が私の今回の楽しみのひとつ。。

松江あたりでは宍道湖畔を走り、出雲に入ると田園の中を走るのです。
映画「RAILWAYS」はこのばたでんのようですよ。
見てないのでどの辺がと言えませんが、、、
a0212656_916899.jpg


a0212656_9162892.jpg


a0212656_9165291.jpg


大社駅舎にはステンドグラスが、、
a0212656_9173414.jpg



神聖で厳かなのは今回も変わらず。こちらは木の鳥居。
a0212656_9202375.jpg


出雲大社には素材の違う4つの鳥居があります。
遠くに見えるのは石の鳥居。
a0212656_922453.jpg


鉄の鳥居の両サイドには松林。
a0212656_922563.jpg


そして青銅の鳥居です。
a0212656_9233050.jpg


手のひらを少しずらして柏手を打ちます。
なぜならぴったり合わせると節と節があたって節合わせ=不幸せになるからだとか。。
2礼4拍手1礼とは前回も書きましたね。

a0212656_9264798.jpg


夏に新しく付け替えられた極楽殿の注蓮縄も、、そりゃもう立派ですね。
a0212656_9271531.jpg



お隣の歴史博物館には発掘されたものすごい数の銅剣や銅鉾
a0212656_9284263.jpg


a0212656_9301264.jpg


11日で閉幕する神話博会場もお隣にあります。
『しまねっこ』も人気者なのかな・・・
a0212656_9312523.jpg



門前には出雲ご出身の竹内まりやさんのご実家の旅館 竹野屋さん。
歴史を感じる佇まいですね。立派だ~
a0212656_9331363.jpg



縁結びパーフェクトチケットは3000円しますが、3日間の有効期間があり
この一畑電車も市内路線バスもレイクラインバスも空港までの連絡バスもフリーパスです。
日帰り入浴しに玉造温泉へ行くバスにも使えました。
私くらい欲張りな人にはかなりお得なチケットなんですよ。


島根に来て温泉行かないなんて~~~
お風呂大好き、温泉大好き~な私はもちろん玉造温泉へも向かいました。
うふふ、、美人の湯ですからね!
その頃には日も暮れてきました。
a0212656_9433688.jpg


a0212656_9435428.jpg


a0212656_9441375.jpg



まだまだお伝えしたいこともたくさんあるのになぁと思うのですが、、、、
今日もこの後予定がありますのでこれにて一旦失礼します。
残りは美味しいものレポで〆る予定です。
長々とどうもm(__)m  でも少し続きます。。
[PR]
by waterlilies-monet | 2012-11-08 09:57 | おさんぽ・島根 | Comments(4)

『飾らない美しさ』を求めて

「よ!贅肉おばさん。」って誰のこった~??
あ、私ね。。
美を追求するって…内面の美しさとは、、建前上のこと。
やっぱり見た目も美しくいたいのが本音よねぇ。。
そりゃもちろんどちらも兼ね備えてるのがよろしくてよ~
だよね、痩せなきゃね。
今日は何人かの方から、写真をいただきました。
写真ってさぁ、、ありのままを写すね。
どんなピンボケの写真もね・・・・033.gif


さ、、2日目のレポ始めるよ~~♪
この日はまたまた島根知り尽くした方が案内して下さるというので思い切り甘え^^;
そこへ私の行きたい場所を組み込んでいただきました。
夏は主に海沿いを案内していただいたので、山装う秋ですから。
今回は山側をメインにいざ出発!!

秋の島根は『おろちループから砂の器』ツアー

まず初めは私がお願いした場所と言うのは『出西窯』
しゅっさいがまと読み、出雲市にある山陰の民藝窯のシンボル的窯元なんです。
柳宗悦、河井寛次郎、バーナー・ドリーチらの指導による
飾らない美しさに満ちた日用陶器を製作しているところです。
a0212656_059563.jpg


出雲特有の石州瓦の赤茶色の屋根が美しい建物は、無自性館と呼ばれる製作品販売所です。
中もこんなに素敵ですよ。
a0212656_13207.jpg


a0212656_133810.jpg


a0212656_135644.jpg


セルフですが珈琲を飲めるコーナーもあります。器も選べます。
私が選んだこのブルーの器、いいでしょう。
土ものって感じでずっしりしてる。
a0212656_152563.jpg


a0212656_154660.jpg


a0212656_16167.jpg


a0212656_165441.jpg


a0212656_173132.jpg



次に向かった先は須佐神社。
ここは日本一のパワースポットとして紹介され注目を集めている神社です。
県外ナンバーの車ががたくさんでした。
スサノオノミコトの終焉の地です。そしてイナタヒメノミコト、アシナヅチノミコト、テナヅチノミコト
八岐大蛇退治に登場する四神が祀られています。
a0212656_1114854.jpg


a0212656_1121078.jpg


典型的な大社造りの本殿の裏には大きな杉の木があり、須佐の七不思議があるとか。
a0212656_1144664.jpg




もう少し南下し広島県境付近まで行くと可部屋の屋号でたたら製鉄業を始め、
財をなした櫻井家の可部屋集成館と大きな庭園があります。
a0212656_1204678.jpg


a0212656_1212394.jpg


a0212656_122232.jpg


a0212656_1223886.jpg


a0212656_123591.jpg


a0212656_1232754.jpg


この水車小屋で挽いたお蕎麦を食べました。
そのレポは美味しいもの編でね。。
a0212656_1253475.jpg


テレビドラマ「砂の器」の舞台にも使われたそうです。
へぇ??砂の器ね・・・・
その理由もお楽しみに(*^^)v 
謎はすべて解けた!!は後ほど。。 あ、これは名探偵コナンの決め台詞でしたね。。



さ、せっかく秋に来たんだしそろそろ紅葉を見たいじゃない?
そしたらばこ~~んな大きい公孫樹の木。
ここは金言寺。珍しい茅葺屋根のお寺なんです。
この大公孫樹の樹齢は推定400年、高さ33メートルだそうですよ。
a0212656_1315282.jpg


a0212656_1322090.jpg


a0212656_1324356.jpg


a0212656_133177.jpg



ほぼ広島と鳥取の県境まで来てます。
名前がすごいよ、、「おろちループ」
これだけじゃどんなにすごいかわかりにくいかもしれませんね。
でもすごいねん!上からだと大蛇がとぐろを巻いてるみたいに見えるから。
a0212656_1361938.jpg


a0212656_1364620.jpg


a0212656_137440.jpg


a0212656_137254.jpg



そしてさっきの答えと言うか何と言うか、、ここは亀嵩。
そう砂の器に出てくる地名です。
映画の撮影場所にもなっているという神社。
a0212656_139296.jpg


a0212656_140053.jpg


a0212656_1403960.jpg


このあたり「ズーズー弁」なんだそうです。
それが小説のキーになるわけですが、、
そしてぜんざい そう食べ物のぜんざいとも繋がっています。
それまた後ほど、、


さぁ本日ラストの観光地は「熊野大社」。
出雲大社とともに出雲国の一宮です。朱印帳にも一宮と書いてくださってます。
a0212656_1443639.jpg


a0212656_145442.jpg


a0212656_1454468.jpg


火の発祥の神社として出雲大社の宮司に杵と臼を渡す珍しい神事、鎮火祭が行われるそうです。


さぁたくさんの写真と拙い文章でどれだけ島根の魅力をお伝えできたかはいささか疑問ですが、
まだもう少しお付き合いくださいませ。
3日目も、そして美味しいものレポも残ってますからね。。

ぼちぼち寝なくちゃ~明日寝坊するわ。。
おやすみなさいませ。
[PR]
by waterlilies-monet | 2012-11-08 01:50 | おさんぽ・島根 | Comments(0)

『立冬』~冬が始まるよ♪

フライト日和。
キャビンアテンダントさんが「今日は立冬です。冬の始まりですね。」とアナウンスされていました。
まだまだ大阪はぽかぽか陽気でしたけどね。


本日、島根から戻りました。
3泊4日のほぼ観光のみ、、パパさんのお世話何ひとつせず(笑)
いやお布団やらあったかシーツ買ったりはしたけど。。
ほぼ観光のみ、、楽しい出雲旅でした。
さてどこからどうレポしようかなぁ。
なんせ盛りだくさんの旅でしたからね~♪

そうだなぁ、、
まずは行ったとこからお伝えしますね。まるで島根の観光大使のようだわ(笑)

行きは電車でした。
というのも飛行機のチケットをタッチの差で買いそびれたからです。
だってね、先得キップを買わないと破産するから~(笑)
伯耆大山が雪をかぶってました。車窓からとてもきれいに見えて幸先いい感じ!
でも座席が反対側だったので写真撮れなかった~(ーー;)


前回はレトロバスで松江市内めぐりをしたんです。
今回はお堀を屋形船でまわるというぐるっと松江堀川めぐりコース。
これがまた面白いのよ~

a0212656_18335235.jpg


なんせ橋の下をくぐるんだけど、そのままくぐれる橋ばかりではないのだ。。
こんなふうに前屈するんだぜぃ。。
a0212656_1742180.jpg


ほれほれさらに低くなる。
身体のかたい人はムリかもよ~
a0212656_1742312.jpg


こんなに狭い橋だってスイスイ
a0212656_18344458.jpg


a0212656_1872813.jpg


ゆるキャラのしじみ姫だって(笑) お手振りが様になっててかわいい
a0212656_1875013.jpg


亀さんがたくさん住んでるんだね。
a0212656_18114756.jpg


青鷺が置物のように佇んでます。
騙されるからサギ??
a0212656_18351592.jpg


a0212656_18353333.jpg


a0212656_18354975.jpg


a0212656_18362521.jpg


昼過ぎに着いたので観光はこれだけ。
日用品など買ってお蕎麦を食べて帰りました。
ついさっきまで初日は何食べたっけ??なんて思い出せなかったの(>_<) あ~おバカな私。

今夜はこれまで~。
まだまだ つ づ く よ\(~o~)/
[PR]
by waterlilies-monet | 2012-11-07 18:39 | おさんぽ・島根 | Comments(2)

松江は江戸風情が残る城下町

7月2日、パパさん初出勤日でしたから
残された私は、そりゃもうひとりで家に籠るはずもなく・・・
ガイドブック片手にお出かけ~

いや、その前にまずコナミ行った(笑)
どんだけコナミ好きやねん!と突っ込まれそうですが、
いきなり会員種別で1000円以上を請求され、もったいないのでやめたという経緯。。


そんなこんなで午後からの観光になりましたの。
松江の町を500円で一日乗り放題できるレイクラインバスが走ってます。
やっぱそれに乗りたいでしょ~
運転手さんはすべて女性なんですよ。
たまにピンチヒッターで男性も運転されるそうですが、、、
歩けなくもないのだけれどここはバスを利用。。

まずは塩見縄手、松江城北側に連なる武家屋敷。
白壁のお屋敷巡りに出発です。
でも~その前に、
ここ松江は京都、金沢、松江といわれるほどお茶の盛んなところ。
なので街のあちこちに和菓子屋さんがあるのです。
明々庵に寄ってからにしました。

松江藩7代目藩主である不昧公こと松平治郷(はるさと)は一流の茶人でした。
その不昧公好みの茶室が明々庵なのです。
茅葺入母屋造りの茶室です。
a0212656_14121675.jpg


茶室を眺めながら敷地内にある百草亭でお抹茶と若草、菜種の里をいただきました。
どちらも不昧公好みとされる有名なお菓子です。
a0212656_1412434.jpg



こちらの文字は不昧公の直筆だそうです。
屋根の高い部分にあるため、盗まれることなく今日まで残っているそうです。
ただ月日の流れで色が褪せてきてはいますけど。。
a0212656_141604.jpg


塩見縄手はこんな感じ。
レトロでしょ~
a0212656_14265579.jpg


武家屋敷も観光できます。部屋ごとに展示物もあり。。
a0212656_1523125.jpg


a0212656_152457.jpg



さて松江の有名人と言えば、、ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲を忘れてはいけませんね。
「怪談」や「耳なし芳一」の作者です。
八雲が住んでいた家も縄手通りに公開されています。
お隣には記念館も併設。
ハーンのつづりからヘルンさんと呼ばれていたそうです。
a0212656_15244661.jpg


八雲愛用の机と椅子・・・こちらはレプリカです。
本物は記念館に展示してあります。
a0212656_1420618.jpg


a0212656_14212356.jpg



7月3日には松江城にも行ってきた。
天守閣に登れば松江の街並みをぐるりと見渡すことができる。
残念、、晴れてたら大山も見えるはずなんだけど~
a0212656_1430461.jpg


a0212656_14302192.jpg


a0212656_14304632.jpg


武士スタイルのガイドさんらしき人がいて、
「暑いからのぉ、こまめに水分摂って観光されよ!」とアドバイスくれたわ。
写真撮るのもどうかと迷って辞めた~~



昨日は月曜休館で入れなかった田部美術館にも行きましたよ。
a0212656_14344343.jpg


茶道具の展示がたくさんでした。やはりお茶の盛んだったところだわね。


かなり長時間かけて休憩したのが塩見茶屋さん。
そうそう白鳥と亀の2ショット。。tukusiちゃん ごめんね~
あの写真には亀さん写ってないね~
これならわかるかな??
a0212656_14384330.jpg


a0212656_1439888.jpg



お店の方がえさを下さって、それをよく知ってる白鳥さんも亀さんもえさを待ってます。
眺めも良いし、和菓子もあれこれ試食させてくださるし、、
堀川遊覧船を眺めながらの~んびりできました。
a0212656_14423789.jpg



そして素敵な出会いのあった月照寺へとバスに乗り込み向かいました。
紫陽花も有名なお寺なんですよ。先日アップした紫陽花はこのお寺のものです。
垣根みたいになってました。
月照寺は歴代藩主の菩提寺であります。
もちろんお抹茶を楽しめます。お菓子は「路芝」でした。
ご馳走になったもんだから美味しさも2倍、、ゲンキンやわ~~
a0212656_14453985.jpg


お庭もきれいでした。
日本庭園は落ち着くよね~
a0212656_14462436.jpg


a0212656_14464822.jpg


面白かったのが藩主の廟、、お酒が好物だったから瓢箪の彫り物がしてあったり
ふたつと同じものはありませんでした。
初代直政公のはさすがです。。本当に立派な門でした。
a0212656_14501032.jpg


a0212656_1519533.jpg



4,5日の補足をするなら日御碕灯台かな~
断崖絶壁の上に建ってます。もちろん上りましたよ。
螺旋階段で6階まで。。パパさんヘトヘト~~~(^^ゞ
a0212656_14525853.jpg


さて残るは美味しいもんですよね。。
お楽しみに~(^_-)-☆

a0212656_14533284.jpg

[PR]
by waterlilies-monet | 2012-07-09 15:28 | おさんぽ・島根 | Comments(2)

エンジョイ☆島根@玉造温泉

玉造温泉ではその昔、勾玉が作られていました。
ハッピーパワーあふれるスポットがたくさん点在しているのです。

玉造温泉は女性に優しい泉質であることから、「姫神の湯」とも呼ばれる島根県を代表する名湯です。
松江駅からバスで30分ほどで到着、
思ったより近いのでまた行きたいなぁ…いつでも行けるわ!
と思ったのでした。

足湯にも浸かり、温泉にも入り、、午前中からなんて贅沢なんでしょう。
湯薬師広場では、勾玉の下から湧き出る温泉水を化粧水として持ち帰れるのです。
専用ボトルが200円で売られています。
入浴を繰り返すことで美肌を手に入れられるそうですよ。
ミストサウナにはもっと入っていたかったなぁ(~o~)

温泉街には「せんとくん」で有名な藪内先生のオブジェが全部で8体、
神様がたくさんいらっしゃいました。

さて明日はいよいよ滞在最終日。
秋に行くつもりだった出雲大社へ、ご厚意で連れて行っていただけることになりました。
古事記編纂1300年の節目の年、来年は平成の大遷宮、、
良い年に勤務させていただきました。
これも何かのご縁でしょうか。
神様の思し召しかな~感謝。
[PR]
by waterlilies-monet | 2012-07-04 16:27 | おさんぽ・島根 | Comments(2)

松江でほっこり

松江城のお堀すぐ横にある塩見茶屋さんで割子そばとしじみごはんをいただきながら
時間忘れてのんびりしています。

鴨と行き交う屋形船を眺めながらほっこりしてると
白鳥さんも寄ってきました。
お店の方が下さった餌をあげると、今度は亀さんがどこからともなくやってきて
2ショットが撮れました。
多分撮れてるんちゃうかな(^-^;
わかるかな~?
あ~のどかな昼下がり(~o~)
a0212656_12523075.jpg



さぁもうひとまわり。てくてく。。
[PR]
by waterlilies-monet | 2012-07-03 12:54 | おさんぽ・島根 | Comments(2)
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
yokoちゃん あ..
by waterlilies-monet at 09:08
着物姿のお嬢様は、アンさ..
by souslesoleil at 23:43
お母様はきっと同世代です..
by waterlilies-monet at 19:20
母がよく歌っておりました..
by 一 at 02:22
めちゃくちゃ可愛い甚平さ..
by chika1985chika at 08:40
記事ランキング
ブログジャンル