カテゴリ:サロン・ド・ヴィーヴル( 28 )

「茶者、南方之嘉木也(茶は南方の嘉木なり)」~中国茶を楽しむレッスン

嘉木とは美しい木、良質の木、りっぱな木などの意味だ。

今日はmimosaさんのサロンでのレッスン日
今年初、、
しかも私にとってはこのところ興味深々であるお茶の世界・1200年の歴史の勉強ができるとあって楽しみでならない。
嗜好品でもあり薬用として愛飲されてきた茶の飲用法は陸羽の『茶経』に詳しく書かれているそうだ。
中国茶の日本への伝来は早く遣唐僧が輸入したとか。
そして喫茶の始まりは神農さん(薬の神様)の時代から、、
以前道修町をお散歩した折、お参りした少彦名神社にも関連している。
やはり薬用として飲用されていたのかな。
この点と点が繋がって線になることがやたら嬉しい。

このことは2009年10月の「紅茶について&入れ方実習」のレッスン時にも習っていた。
世界三大紅茶はダージリン、ウバ、キーマン。
中でもキーマンは中国茶。香りは蘭の花に似ている。テイスティングもしたなぁ^^

日本でも世界でも茶がなければ歴史は違っていたかも、、といっても過言ではないかもしれないな。
なぜなら茶が原因の戦争まで起こっているのだから・・・


今日のレッスン風景。
a0212656_2092151.jpg


a0212656_2093735.jpg


チャイナドレスを着たmimosaさん。茶道具も本格的。
茶盤(湯が下で受けられるような構造になっているもの、、初めて見た。)の上には茶池と茶海。
a0212656_2095769.jpg



凍頂烏龍(青茶)の茶葉とお茶の色。 円柱の器は香りを愉しむための聞香杯
a0212656_20122051.jpg

a0212656_20264183.jpg



白毫銀針(白茶)の茶葉とお茶
a0212656_20114394.jpg

a0212656_20273853.jpg



龍井茶(緑茶)の茶葉
a0212656_20125298.jpg

茶卓があまりにかわいくてお茶を撮り忘れてしまったのよね、、
a0212656_20294762.jpg



そして茉莉花茶(花茶)
a0212656_20334561.jpg



食事中にいただいたのはプーアール茶(黒茶)
a0212656_20373622.jpg



雲南紅茶も撮り忘れた~~~(>_<)
それはこの可愛らしい籠とお菓子に気をとられたから。。
a0212656_20404957.jpg


a0212656_2041617.jpg



お茶は発酵度により分類される。
緑茶、白茶、黄茶、青茶、黒茶、紅茶、の六つ。そして花茶。今日は黄茶以外を飲ませていただいた。
そのどれもがまろやかなお味で美味しかった。香りもよい。。
高級茶葉は一芯二葉もしくは一芯三葉だそうだ。。
青茶に分類される東方美人も飲んでみたいな~(^^♪


さぁ そろそろ本日のテーブルをご紹介。
お茶の色を想像させるグリーンが鮮やかなクロス、センターには龍村美術の織物(茶壺が乗っている)
ナプキンの織り方はうふふ・・・waterliliyだそう。そう睡蓮のお花みたいよね。
a0212656_205617.jpg


お花は春らしく麦、ゼンマイ、リュウカデンドロン、オンシジュームにアオモジ。
a0212656_20573324.jpg


このかわいい箸置きは台湾(でしたっけ?)で買われたお土産。
a0212656_20593822.jpg


お料理は鶏の北京ダック風(春餅)
a0212656_212313.jpg



mimosaさん手作り甜麺醤(甘味噌)を塗り、鶏ときゅうり、ねぎを巻いていただくのだ。。
いや~~実に美味しい!!
他のお料理にも応用できる甘味噌レシピも教えていただいた。。
いつもながらmimosaさんのテーブルコーディネートレッスンは内容が盛りだくさんだ。
そして本格的なのだ。
でありながら、、
100均のものも随所に取り入れられ、チョ~庶民であるわたしでも臆することなく
参加できるのである。


段飾りのお雛様も素晴らしいが、こちらのお雛様も 
うん、、やっぱり素敵!!
a0212656_2122227.jpg


そしてお雛様以上にmimosaさんは素敵だ~!!

『mimoさんは東方の美人なり』
そういえばチャイナドレスもブルーだったな。。  謝謝。。
[PR]

by waterlilies-monet | 2012-02-17 21:48 | サロン・ド・ヴィーヴル | Comments(12)

天使がくれた出会い~クリスマスリース作り♪

洗濯物を干しながら建物の向うに目をやると、それはきれいなナンキンハゼの
赤、黄、緑のグラデーションが朝日に輝いて見えました。
紅葉もいよいよ終盤ですね。
道路には先日の強い風にあおられて落ちた、色とりどりの葉っぱの絨毯が
敷き詰められています。
厳しい冬を耐え抜き、春にはまた新緑の美しい姿を見せてくれることでしょう。

そして洗濯物を取り込みながら見上げた空には、
今年最後の満月を10日に控え、少しふっくらし始めたお月さまが、
私のことも観て~とばかりに薄暮の空に銀色の輝きを放っています。



今年最後のサロン・ド・ヴィーヴルレッスンは、クリスマスのリース作りでした。
お花の世界でも科学の進歩とともに半永久的に楽しめるようになってきていますが、
花は枯れるから美しい!!と思う私は生花が好き。
やはり生、毎年生の杉を使ったリース作りを楽しみにしております。


ここで今まで作ってきたリースをまとめてご紹介しますね。


2006年、携帯の画素数も少なく画像がきれいではありません。
初めての作品はアイビーを使ったリースでした。
アンティークな色合いのバラを使っているのにきれいに見れず残念、、
a0212656_15401251.jpg


2007年
これはアオモジの実だったかなぁ。
レースのリボンでくるくるっと飾り付けをしていますね。
a0212656_15413738.jpg


2008年
数種類の杉を使っています。ところどころにローズマリーも。
a0212656_15432269.jpg


2009年はリース作りのレッスンがなかったように思います。
自分で材料を買ってきて作った記憶がありますが、データが残っておりません。

2010年
昨年はベリー色を基調にしたリースでした。
残念ながら昨年のデータが残っていないんです。なんでだろう。。
なので今日まで玄関に掛けていたリースをアップしておきます。
色鮮やかな作品はmimosa先生のブログで楽しんでくださいませ。
かなりドライになって杉の色が変色していますが、アンティークな奥ゆかしさとして許容範囲ということに。
a0212656_1548374.jpg


そして今日の作品がこれです。どうやら私はリボンを左に結ぶのが好きなようです。。
玄関に掛けるとこんな感じ。
形をきれいに整えるって難しいんですよね^^;
少々いびつですが、
それもふたつとして同じものができない手作りのよさということで、、大目に見てね。
このリボン、とてもモダンでしょ~なんだか夜空の満月を想像してしまいました。
もっと大きくふっくらさせても良かったかな。
ご心配なく、ちゃんと外すことができるように付けてますから。
a0212656_15492510.jpg


先生宅ならこんな素敵な飾り方もできますが、我が家ではムリ。。
a0212656_16205918.jpg


出来上がった作品を見ながらお食事タイム。
いろんな話題で盛り上がりました。
一番は嫁姑問題(笑)
お初のお仲間がおふたりも。これからもどうぞよろしくお願いします。
a0212656_15561643.jpg


大きなツリーにはバレリーナや天使も~
テーブルにも天使ちゃん。
a0212656_16203685.jpg


あはは、、隠れミッキーをさがせ!!
a0212656_15571443.jpg



ちょうど今日使っていたタオルハンカチの天使と同じ色合いの嬉しいサプライズプレゼント。
使うのがもったいないなぁ。
ミティちゃん どうもありがとうございました。
a0212656_15575610.jpg

[PR]

by waterlilies-monet | 2011-12-05 16:48 | サロン・ド・ヴィーヴル | Comments(10)

ハロウィンのテーブル

今朝も雲の毛並みの中に白いお月さまを見つけた。
ワンちゃんのような毛並みのような雲だったの~
ぷーちゃんほどモコモコでもなく、かといってごえもんのようなそれでもなく・・・

さて、テーブルの写真は昨日アップ済み。
もしかしたらタイトルが昨日と逆の方がよかったかなぁ・・・とかなんとか。
朝のイメトレタイムは私の好きな時間です。



そしてお勉強タイムに出していただいた先生の田舎、大垣の柿羊羹。
私の大好物です。
羊羹も和菓子も子どもの頃は大嫌いだったんだけど、
大人になって、こんなに美味しいものないわ、、ってくらい好きになりました。
お茶もまた同じくご実家からのお取り寄せ、揖斐茶。
少し渋めが美味しい。
それをデミタスカップでいただきました。
斬新かつ和モダン。。
カップの柄もそれぞれで、見ていて飽きないの。
私は不思議の国のアリスが浮かんだんですが、みなさんはどうでした?
なんかね、トランプのイメージだったんです。
三味線のバチのような爪楊枝がかわいいでしょ。。

a0212656_8181417.jpg


a0212656_8183341.jpg

[PR]

by waterlilies-monet | 2011-10-21 08:24 | サロン・ド・ヴィーヴル | Comments(10)

バリからアイルランドへ ケルト人もローマ人も、そして日本人もお祭り大好き!!

前回のレッスンがひと足早い夏のテーブルでした。私のイメージはバリ。。
それから4ヶ月、季節はもう秋。
待ちに待ったレッスンはハロウィンのテーブルでした。

ハロウィンとは・・・
今では日本でも大変ポピュラーになりましたが、その歴史や由来は案外知られていないのかも。
ローマ文化とキリスト教が融合されて現在に至っているようです。

秋は収穫の季節。
日本でも五穀豊穣に感謝していろんなお祭りがあるように、
海の向うでも同じようなお祭りがあったんだね。
りんごの女神もかわいいなぁ。
「実り」の一番は・・・・mimoちゃんレッスン、「ここ一番」のポイントでしたね。


我がマンションでもお化けや黒猫、魔女に仮装してお菓子をねだる子どもたちをたくさん見かけます。
コナミのレッスンも来週は仮装OK。
それがまたお祭り気分で楽しかったりします070.gif
シンボルカラーは黄色、オレンジ、そして黒。紫なんかもいいよね。



さてハロウィンのテーブルはこんな感じ。

a0212656_19223438.jpg


a0212656_19112093.jpg


黒いクロスにオレンジのライン。
かぼちゃをイメージしたキャンドルが効いてますね^^かわいい。
そしてmimosaさんお手製の額がハロウィン演出に一役かっていて、とってもモダンなのであ~る。
お鍋もオレンジのハロウィンカラー。ル・クルーゼいいな、、欲しいなぁ。。


私もハロウィンレッスン用にオレンジ色のタイツで参加。
バッグは紫の猫、、ではなくラビットファー。。
ハロウィンをイメージした装いでお邪魔いたしました。。
ワンピースもバッグも先日も登場したブティックリリーで購入したお気に入りです。
この日のために・・・というわけではありませんでしたが、今日の気候にもレッスンにもぴったりでした。
LiLiさん、ワンピースとっても好評でしたよ。



お花は黄色いピンクッションフラワー(針山みたいっしょ)をフォーカルポイントに、あちゃ~ピンボケや007.gif
ケイトウ(鶏頭、とさかみたいっしょ)、ネリネ(彼岸花みたいやね)、私の大好きな紅葵、、
そしてmimosaさんが黒くデコレーションしてくれた楓の葉を使いました。
クロスと同じ黒いベースにアレンジ、紫色のテープでリボンもかわいらしく付けました。

a0212656_19103139.jpg


そしてこちらが以前我が家で咲いた紅葵の花です。
a0212656_19145946.jpg


お花が終わると紅い実になります。中から種がとれます。
a0212656_19151534.jpg


アップはこちら。かわいいでしょ~
a0212656_19153571.jpg




お料理は豚のトマト煮、柿と生ハムのサラダ、パセリのバターライス。
デザートにはかぼちゃのプリン。
a0212656_19173377.jpg


a0212656_19175144.jpg


a0212656_19181633.jpg


a0212656_19184079.jpg



美味しくて楽しくてお腹いっぱい、、不思議なご縁もたくさんでしたね~(^.^)/~~~
mimosaさんレッスン、また来月も楽しみ~♪

ご一緒したみなさん、ありがとうございました。。
ハッピーハロウィン
[PR]

by waterlilies-monet | 2011-10-20 19:19 | サロン・ド・ヴィーヴル | Comments(14)

気分はバリ・バリ~南の島で~ 夏のおもてなしレッスン part.3☆紫さがし編

常々、五感を磨きたいと思っております。

『五感』とは北浜に本店がある有名な洋菓子店です。
このコンセプトがいいじゃないですか~ここのお菓子、美味しいんですよ。
「え~~~??お菓子屋さんを磨いてどうするのさっ!!」←ここで突っ込み入れてくださった読者のみなさん、どうもありがとうございます。。

はい、もちろん文字通り視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚のことですね。
ちなみに私はシックスセンス・第六感も信じる人です。。 


a0212656_13291036.jpg

どうですか。
お魚がいかにも夏らしく、オレンジのナプキンが効いていてガラスの器が涼しげでしょう。
とうもろこしの皮で編んだようなマットの色もお隣、お向かいの方と互い違いに置きます。
ただし横一列のラインはきちっと揃えること。
クロスの位置、お箸、お皿、スプーンの列を揃える!!これは押さえておきたいポイントでしたね~045.gif

a0212656_13323123.jpg


いよいよレッスンの完結編を迎えたわけですが、
mimosaさんのテーブルコーディネートレッスンは私の磨きたい五感のレッスンではないかと思うのです。
参加されている皆さんはきっと私の言いたいこと、わかっていただけると思うのですが・・・


紫さがしとは・・・お勉強の時間で紫は高貴な色だと習いました。
そして、その紫は美しい女性にたとえられる色でもあるそうです。
ひとつのことを好きになるとそれに関連したものもどんどん好きになっていきますよね。
テーブルにお花を飾りそこに盛り付けるお料理も好きになり、
季節ごとの行事から派生してそれにまつわる様々なことも知りたいと興味がわく。
知識と経験が増えていくことが何より嬉しい。



視覚 花の色やお料理の色、栄養面からもカラフルなのがよいですよね。
    昨日は栄養士さんが二人も参加されてましたの。

聴覚 お勉強をしっかり聞きとることとレッスンに参加された方々の経験を聞くことも楽しみ。

味覚 作ってくださったお料理はどれをとっても量らずとも美味しいの。

触覚 花材に触れると棘があったりつるつるだったり、植物って摩訶不思議。
    ふわふわプーちゃんの毛糸のような毛並みにも憧れるわぁ。

嗅覚 お花の香りはもちろん、お料理が完成するまでの過程で出るにおいは
    見えないけれど経験で覚えていくものなのかな。



夏のおもてなしメニューはタコライス、切干大根のサラダ、ワカメのスープ。
色とりどりのタコライスは見た目も美しくアジアンテイストなイメージのテーブルにぴったり。
涼しげな透明ガラスに盛り付けられたサラダは夏バテ防止にふさわしくお酢も入ったドレッシングでした。

実は私、半熟のたまごが苦手だったんですよね。
でもこの目玉焼きは卵のジュルッとした崩れもなく、かといって固すぎず、なんともストライクな食感でした。
一番NGなたまごの生臭さがなくて、とても美味しくいただきました。
この焼き加減はドンピャでしたわ。ぜったい真似できないなぁ・・・
a0212656_13261587.jpg




そして文の助茶屋を越えたと以前書かれていましたよね。mimo先生手作りのあんみつ。
ほんと、固さがちょうどよろしおす。
それにしてもおっしゃれ~なスプーンですね。スプーン撮りたさに紫陽花の葉っぱの向きがこんなふうになっちゃいました。すいませんです。
a0212656_13355564.jpg




忘れちゃいけません。
お勉強中は冷たいグリーンティーで頭もすっきり爽やか~今日お勉強したこと忘れませんよ。たぶん・・・ね。
うちわの楊枝がかわいいでしょ~009.gif
a0212656_13384020.jpg



さてここで問題です。
このテーブルコーディネートレッスンブログ、何かどこかお気づきの点はありませんでしたか~??

あは体験とでも言いましょうか。
まぁ大した意味はないんですが、皆さんの五感を磨くお手伝いが少しでもできれば・・・と思ったもので。
特に深い意味はないんです 037.gif
ちょっとしたお遊びですわ~~(笑)


長々とどうもすいません041.gif   これにて無事完結いたしました。。
[PR]

by waterlilies-monet | 2011-06-24 14:05 | サロン・ド・ヴィーヴル | Comments(14)

気分はバリ!バリ!~南の島で~ 夏のおもてなしレッスン part.2☆モンスーン編

mimosa先生、今朝更新されたブログにこう書かれています。。

コーディネートを楽しむにはイメージを大切にと。。

おままごとは大好きでした。
幼少時過ごした信州は、わらび採り、りんご・ぶどう狩り、草花摘みができる環境でした。
大きな石がごろごろ転がっている川があり本当に自然の宝庫でしたね。
そんな中で草花のおかずを作り、葉っぱのお皿に盛りつける。
泥団子のおにぎりに松の葉のお箸を添えて~
楽しかったなぁ043.gif
その延長でよいのですね~039.gif


妄想!!はい 得意です。笑

私の昨日のコーディネートのイメージは、タイトル通りバリ島。
そんなバリの高級リゾート地アマヌサでセレブを気取り、優雅でそこだけ時間が止まったかのような至福の時を過ごす。
もちろん似非セレブですが・・・^^;

さぁ今月はどんなテーブルになるのだろうと想像を膨らませ・・・
紫陽花色は以前やったし、蛍??鮎??
なんて思っていたら、お~~~~夏だぁ

じめじめ鬱陶しい梅雨の季節を飛び越え、すぐそこまでやってきている夏のイメージのテーブルレッスンなのでした。
風も緑風⇒青嵐⇒南風(はえ)と目には見えないけれど季節の移り変わりを感じます。
そういえば長崎に南風と書いてはえと読むような地名があったようなないような・・・


メインカラーはオレンジ。
クロスオンクロス、型にはまらないコーディネートもmimosa先生らしい。
そこが粋なんだと私は思うのです。
先生の装いもオレンジでとっても素敵でした。
しまった(>_<) イメージの装いで行けばよかった・・・と後の祭り。


使ったお花は観葉植物メイン。
今まであまり使ったことのない花材でしたね。

大きいギボウシ、クッカバラ、赤みがかったドラセナ、
そしてその葉っぱに負けないお花はグロリオサ。
私グロリオサ 好きなんですよ~どう!!私を見てよ~って咲いてる気位高いイメージだから。。

まずはオアシスをギボウシの葉っぱでくるみます。
私は葉っぱの丸みを残しましたが、個性出ますね~
その葉の上から挿していきます。
それぞれに楽しいアレンジでした。

a0212656_10292216.jpg



さて、次は美味しいお料理編。
メインのお楽しみはまた午後からアップします。。
お勉強、お花、お料理・三位一体のテーブルコーディネートレッスン完結編をどうぞお楽しみに~~~<(_ _)>
[PR]

by waterlilies-monet | 2011-06-24 10:48 | サロン・ド・ヴィーヴル | Comments(6)

気分はバリ!!バリ!!~南の島で~ 夏のおもてなしレッスン part.1☆七夕伝説編

昨日は夏至でしたね。日差しはすっかり真夏です。
この蒸し暑さで不快指数↗↗ですが、mimosaさんちでのレッスンは快適♪そのもの。。
バリ高級リゾート気分を満喫してきました。
自称書き魔・ミモさんに負けず劣らず書き魔なわたくし(^_-)
暑いけど書きたい気持ちも熱いよ~058.gif

七夕伝説のお勉強と夏のおもてなしメニューで暑さを吹っ飛ばせ!!

私の住む枚方には天の川伝説にまつわる場所がたくさんあります。
お隣の交野市も同じ。
もとは渡来人が多く住んでいたところなんだそうです。
まずはそんな七夕のお話から。
このお勉強の時間が毎回楽しみなんですよね~038.gif
ちょっとした物知り気分に浸れるのだ!!

七夕の起源は、
牽牛星と織姫星の伝説と機織、針仕事、歌舞音曲、詩歌文字の上達を願う「乞巧奠」が混ざったものだそう。
歴史は古く、唐の時代にさかのぼりまする。。

織姫と彦星が年に一度天の川を渡って再会できる053.gifだけのものじゃないんですね~
古今集や万葉集にもそんな七夕のことが詠まれているそうです。
すごい歴史があるんだね。

我が家の近くにある観音山公園には牽牛石なるものがあるのですよ。
興味深々、もう随分前にお散歩がてらわざわざその石を見に行ったことあるんですけどね。
ひとっこひとりいない寂しい公園でした。
石もこれ??って感じだったかな。
今度は太古の浪漫を感じられるかしら・・・また行ってみよう。。
でもこう暑いと歩く気がしないなぁ(ーー;)

せめてかささぎ橋渡るときくらいは夢見心地で渡りましょう053.gif

さていよいよレッスンはこれから。
それはまた明日のレッスンが終わってから~ということで。。 まだまだつづくよ072.gif
[PR]

by waterlilies-monet | 2011-06-23 18:08 | サロン・ド・ヴィーヴル | Comments(6)

『カラダの60%はケーキでできている』と言っても過言ではないのだ!!

焼き菓子教室 基本の“き”

まずは教えてくださったy先生、レッスンを企画してくれたmimosaさんどうもありがとうございました。

ケーキを焼くのは本を読んだりお友達に習ったレシピで実践していましたが、あまり変わり映えのしない
プレーンなものばかりでした。
決して嫌いではないんです。ハンドメイドケーキも大好きで、作るときはとことん頑張りますが、
飽きると全くしなくなる・・・典型的AB型人間です。

もちろん美味しいケーキには目がありません。
昨年末から、はまりにはまった西原パティシエのケーキを食べに何度錦へ足を運んだことか^^;
ピラミッドはそりゃもう絶品ですよね。
行くと必ず2種類は食べてました。
今じゃ私の身体には「オ・グルニエ・ドール」の文字が浮かぶのでは・・・ってくらい。
あはは・・・かなり太ったということです。
その西原パティシエの黄金のレシピを伝授してくださり感激でした。

コクの出し方、さっくりと焼くコツ、ここまで練るのか~というくらいハンドミキサーを回すなどなど。。
基本中の基本を教わりました。
バターは良いものを使いましょう。。ケチらずにね!
アレンジもたくさんできそうです。
クッキーの保存方法も目からウロコ005.gif
こうしておけば不意のお客様にもいつだって焼きたてのお菓子を出せるのですね。
こんなにたくさん教えてもらって 先生ったらなんて太っ腹なの~
あんなに細くていらっしゃるのに。。
私なら教えませんね! だってケチだもん(^_-) 自分だけの秘密にしておきたいことばかり。。
あぁ 私ってなんて意地悪でちっぽけな人間なんだろう・・・


まずはこの夏、オーブンいらず そう 節電レシピのマンゴー水羊羹からチャレンジしてみます。
見た目もキレイだし冷たいデザートが活躍する季節だし~
ゼラチンではなく寒天。寒天なら溶けないし(これもポイントでしたよね!)
私、どうにも写メがへたくそで。。

たっぷりのピューレと白あん 
a0212656_981237.jpg

出来上がりはこんなにきれい
a0212656_983412.jpg


カトルカール←パウンドケーキのフランス語 なんかおっしゃれ~
a0212656_993920.jpg



ガレット生地はラップに包んで冷蔵庫でしばらく寝かせます
a0212656_91027100.jpg


秘密のあれを塗ってきれいにガングロ あ お化粧でした・・・・うふふ 
a0212656_911593.jpg


焼きあがった黒ゴマクッキー
a0212656_9121843.jpg



ステキ写真をご覧になりたい方は
mimosaさんミティークさんのブログをご覧になってくださいませ。
すてきなy先生のブログもね。
このリンクの仕方も教わりました。ありがとね。。


さてスレンダー美人y先生、もうね本当に気遣いのできる素敵な方です。016.gif
お菓子が美味しいのはレシピも大切でしょうが、心ですよね!
だから美味しいのよね。。

a0212656_913294.jpg

先生の手作りケーキ(カネルピスターシュとチーズタルト)を頂いている間に、
焼きあがったクッキーやガレットを手際よくラッピング。。
カネルとはシナモンのこと。これもフランス語??
奥にはケーク・サレ これも先生の手作りよ~

ガレットとクッキーのラッピングがお店で売っているもの以上にかわいいの。

ますますy-table先生ファンです。ファンクラブ会員番号1番の座はだれにも譲りません(笑)

そんなステキ先生からいただいたもうひとつのお土産がこちら。
a0212656_23381892.jpg


こりゃ頑張って作らなくちゃ~
またまたスィーツな乙女会開催決定ですね(*^^)v

当日ご一緒させていただいた皆さま 本当にありがとうございました。
[PR]

by waterlilies-monet | 2011-06-16 23:52 | サロン・ド・ヴィーヴル | Comments(6)