追悼法会

a0212656_21524783.jpg


大阪大学特志解剖体追悼法会が四天王寺にて執り行われました。


もう10年以上も前のこと、1通の同意書が送られてきました。
それは自分が亡くなったとき献体したいというものでした。
義母の強い希望でした。

大阪大学医学部長、歯学部長をはじめ、医学・歯学を学ぶ大勢の学生さん、
そしてたくさんの遺族が参列したとても立派な法要でした。


医学部生代表の挨拶に
遺体を見て初めて死というものに向き合う。
教科書で学ぶこととはまるで違う人体の構造。
解剖させていただいた方の顔を一生忘れませんという言葉がとても印象的でした。


義母の身体も今後の医療のために役立ててほしいと思います。
[PR]

by waterlilies-monet | 2013-11-01 21:52 | ひとりごと