夏の終わりの京都 part.1 大出雲展

処暑を過ぎ、朝晩の涼しさをほんの少し実感できる頃・・・・まだまだ日中は残暑厳しいですね。
さてパパさんの夏休みの帰省を待っていたかのよう(^^ゞ
本音を語ると こう暑くちゃ出不精にもなるさ!! でしたが、今日は違うよ~

公開期間を逃さぬようほんまに暑い京都へ行ってまいりました。
おおよそ1万8000歩。
よう歩いたなぁ。。。


まずは七条で降りテクテク歩いて「大出雲展」へ。
出雲の秘密をさぐるべく京都国立博物館へとお出かけです。
今年は古事記編纂1300年。そして出雲大社大遷宮、、そんな節目の年。
人出もかなりのものでした。

ご存知かしら?
「雲太・和二・京三」平安時代の本に書かれてる大きい建物ベスト3でございます。
雲太(うんた) はもちろん出雲大社のこと。
和二(わに)とは大和の東大寺大仏殿が二番、、京三(きょうさん)とは平安京の大極殿が三番という意味。。
出雲大社はそれくらい大きい建物だったんだね。
この三つとも行ったことあるねん。
そんな環境にいられるって幸せなことだよね~(*^^)v


銅剣、銅鐸、銅矛、、埴輪に勾玉なんかもたくさん展示してありました。
とにかく大量の出土品が並んでたな。
先月行ってきた荒神谷遺跡から出土したものもあってなんだか身近に感じたなぁ。
a0212656_22314199.jpg



さ、今日はこれくらいでおしまい。。デモデモおさんぽはまだまだ続きま~~~す。good night
[PR]

by waterlilies-monet | 2012-08-26 22:43 | おさんぽ・京都