細川家の至宝・永青文庫コレクション

こんなによいお天気ではスタジオの中じゃぁ もったいない!!
そんな今日は芸術鑑賞日和にしよ。

京都東山七条にて開催中の細川家のコレクション。
細川家の至宝・珠玉の永青文庫コレクションへと出かけてきました。
行きたい美術展は数多くあれど、
信長、ガラシャ、利休ゆかりの品々が京都で観られるとあらば行かないわけにはいきません。

a0212656_2178100.jpg



初代藤孝(幽斎)←(「へうげもの」にも登場し、護熙氏そっくりに描かれている。)が
信長のもとで頭角をあらわしたのが青龍寺城を居城としていたとき。
細川家の菩提寺が建仁寺の塔頭永源庵、その一文字ずつをとって付けたそうです。


細川家が所蔵する宝物はそれはそれは厖大です。
月が変わったらもう一度足を運ばなくちゃ、一度にはなかなか。
今日は茶の湯の展示に的を絞って観てきました。


観ておかなくては、、なのが
唐物尻膨茶入 利休尻ふくら ・・・ 利休が所持していたのが確実なもの。
まさに へうげもの の時代に存在した茶入です。


そして瓢花入 銘 顔回 ・・・ 利休直筆の書状も一緒に展示してある。


茶の湯の展示だけでもじっくり観て回るなら相当な時間が必要。
歌人としても有名な初代藤孝、
二代忠興(三斎)も千利休の高弟として利休七哲のひとりにも数えられていて
文武両道を地でいく戦国大名であったといえますな。
七哲の中には「へうげもの」の主人公、古田織部もいるんですぞ。


博物館を後にし寄り道した場所は且座喫茶 七條甘春堂さん。
お赤飯セットをいただいて帰りました。
桃山生地の「月宵うさぎ」を自分のおみやに。
かわいい~~
[PR]
Commented by mimosahappy at 2011-10-19 21:01
わ~、いいの見に行ってきたんだね!
永青文庫っていうのは、学生時代に国文科の勉強でよく出てきたよ!
私も行きたい~~、秋はいっぱい博物館の催しもあるもんね。
細川さんは私が20年前に買ったテーブルコーディネートの本にも趣味人として載ってらっしゃいました。
「へうげもの」読みたいな~!
勉強になりそうだねー^^
私、アンちゃんがえらいな!かっこいいな!って思うのは、ひとりで行動するところ!
いいね~、群れなくて。かっこいいよ!
Commented by waterlilies-monet at 2011-10-20 08:34
mimoちゃん

おはようございます。
今日も爽やかないい天気、今日のレッスンがますます楽しみ♪

これぜひ自分の目で見てきて~
国宝もいっぱいだよ。
護熙氏は今ではご自身の趣味である書や陶の個展を開かれたりして、
政治とは無縁の生活をされているみたいだよね。
それにしても細川家の偉大さを目の当たりにして、改めて由緒あるお家柄なんだわと思いました。
後期では「黒き猫」をぜひとも見たいと思ってます。

もうね、ひとりが楽なのを覚えちゃって^^;
どこへ行こうが何を食べようが自由だし・・・
友達がいないわけじゃないんだけど(笑)おひとりさまならどこでもOK!!

実はこの日も、このあと大阪まで用事で出かけました。
ついでに年パス期限の切れるUSJにも~なんて目論んでいたけれど(^_-)-☆
さすがに時間がなかった。。
帰ったら疲れて久しぶりにロキソニンのお世話になったの。

「へうげもの 1服」 本日持参いたしま~す。。
Commented by ゆに at 2011-10-20 09:09 x
細川コレクション、見ごたえありそうですね。
首相のころより、今のほうが趣味の世界で楽しくすごされてそうです。みたい美術展がたくさんあって、うろうろしそうです。
また情報おしえてくださいませ。
Commented by waterlilies-monet at 2011-10-20 20:51
ゆにさん

今日はお疲れさまでした。
楽しかったですね。お腹いっぱいで少し動かなければ・・・って感じですが、今日はコナミもメンテナンス日なんです。

美術館、今は京都市美術館ではワシントン・ナショナルギャラリー展をしています。
それも行く予定なんです。
細川家と掛け持ちで行こうかな・・・そんなつもりにしています。

趣味の世界で悠々自適に生活できるんですから羨ましいですよね。
by waterlilies-monet | 2011-10-18 21:33 | アンテナ~♪ | Comments(4)